自転車の保険

手軽に乗れて使い勝手の良い自転車ですが、意外と事故は多いです。

接触してコケると大けがに繋がる可能性がありますし、兵庫県神戸市では小学校5年生の少年が運転する自転車と女性が接触し、裁判所が少年の親に9,500万円の損害賠償を命じる事故も起きました。

9,500万円という大きな事故で、しかも親御さんが「個人賠償責任保険」に入っていなかったことから社会問題になり、兵庫県では自転車を乗る方に「個人賠償責任保険」の締結義務を課しました。

これは自動車保険や火災保険などに特約としてつける形が一般的です。年間1,500円~2,000円程度で付帯でき、同居の家族と未婚の別居の子(一人暮らしなど)も対象となります。

7763493

その他日常生活で、例えばショッピング中に品物を落として壊してしまったケースなども支払われます。

私が扱っている東京海上日動では4月以降に「サイクルパッケージ」として、自転車によるケガや上記のような賠償責任が生じた場合に補償出来るものを自動車保険の特約として販売することになりました。

個人賠償責任保険特約だけを見ますと、長期の火災保険に加入している方は、火災保険に付帯する形が一番お安くなります。

ご興味のある方は是非ご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL